5年は我慢すべし

債務を整理をした場合は、ブラックリストに記載され、5年の間、その記録が残り、クレジットカードの審査は通らないと言われます。

とはいえ、5年の年月が過ぎないうちに持てる人もいます。沿ういう人は、借金を完済している場合が多いようです。
信用があったら、カードを作成する事が出来ます。借金が膨らみ、自己破産や個人再生をしたのであれば、債務整理者の名前と住所が官報に公告されることは避けられません。国の発行する官報には裁判内容などが掲載されるため、自己破産ならば二度掲載されますし、あるいは、個人再生であれば三度、氏名と住所が公告されるでしょう。

掲載される期間は1ヶ月程度と言われているのですが、身近なものではありませんし、周囲の人間が見ていることは極めてレアなケースです。

なお、任意整理をした人は絶対に公告されません。婚約者がいる状態で債務整理をしても大丈夫なのでしょうか?実際は、債務整理では債務者本人の借金だけが清算されるので、結婚を控えていても気にする必要はありません。たとえば、債務整理をしたせいで、相手が債務を肩かわりする可能性は一切ありませんから心配は無用です。とはいえ、相手の気もちとして、婚約者が債務を整理をしていることを好ましいと思う人は少ないでしょうから、債務整理についてお互いが納得した上で実際に結婚に進むべきです。

家族に内密に借金をしていたのに、とうとう返せなくなって、債務整理する事になってしまいました。

まあまあ多額の借金があるため、もう返済出来なくなったのです。
相談に乗ってくれたのは行き当った弁護士事務所でまあまあ安い値段で債務整理をしてくださいました。
借金返せない