元金を減らせるかどうか

債務整理の手段のうち、任意整理と民事再生はご存知でしょうか。

何が違うかと言えば、元金を減らせるかどうかと言った点です。
任意整理においては債権者と債務者の間で交渉が行なわれ将来利息がカットされた返済額を元に毎月支払っていく方法で、一般に借りている元金を減らすことはできません。

一方の民事再生では返済計画を検討して裁判所に提出をおこない、認められたら元金の減額となり、残りの返済をつづけることになるはずです。借金を整理する術として借金の整理がある理由ですが、その中でも何種かの方法が考えられます。希望は延滞損害金や利息のカットのみで元金は支払いつづけられるのか、元金が減額されなければどうしようもないのか、金額以前に返済をつづける事がもはやできないのか。

個々の状況次第で妥当な方法も違ってきます。自力で手つづきしようと思えばできますが、心持となく思うようなら弁護士や司法書士などプロの力を借りた方がいいかも知れません。

裁判所の判定を仰ぐ自己破産や個人再生などの手段を借金の整理時に選んだ場合は、代理人として司法書士をたてることはできません。

よって司法書士は裁判所に提出する書類を製作するなどのしごとをすることになるはずです。たとえば裁判所に申たてに行くのも本人と言ったことになるはずですし、裁判官とのやりとりも本人だけでしなければいけません。自己破産で特に管財案件である場合などは司法書士に依頼してしまうと、本人に任される事柄が多くなるので注意が必要でしょう。

度重なる返済の督促を無視したり、期日に返済しなかったりで裁判を起こされたり、既に訴状が届いている場合も、やろうと思えば債務を整理はできるものです。

この時行なわれるのは基本的に訴えを起こした相手を交渉対象とする任意整理であり、弁護士等から受任通知を送付することにより、訴訟も取り下げになる場合もあって、取り下げになれば給与等を差し押さえられる心配は要りません。また減額交渉が成立すれば返済を求める裁判はその意義がなくなるので取り下げされ、アトは和解の内容に従った返済を行うだけです。 死にたいほどの借金地獄